よくわかる!医療用ウィッグ購入ガイド

TOP > 医療用のウィッグについて > 医療用と市販用の違いを理解して選ぶ

医療用と市販用の違いを理解して選ぶ

オシャレアイテムとしてウィッグがあります。
それぞれの人には頭に髪の毛が生えていますが、地毛だけではヘアアレンジが楽しめないことがあります。
この時にウィッグを使うと、ショートヘアーの人でもロングヘアのように楽しめます。
ストレートヘアの人でも簡単にパーマのような印象を与えることができます。
ウィッグにはいくつかの種類があり、今ある髪の毛に追加するもの、髪の毛の上から被せるもの、そして髪の毛が全くなかったり薄い状態から被せるものがあります。
男性などなら高齢などで髪の毛が薄くなる人がいますが、女性でも事情があって髪の毛が薄くなったりなくなる人がいます。
病気で髪の毛が生えない状態になっていたり、病気の治療の過程の副作用によって一時的に髪の毛が生えない状態になっている人がいます。


もちろんそのままで生活しても構いませんが、特に女性は髪の毛に愛着を持っている人がいます。
病気などで元々髪の毛がない人も、周りに髪の毛がある人を見れば自分も髪の毛を伸ばしてみたい、アレンジしてみたいと考えるでしょう。
これらの人に用意されているのが医療用のウィッグになります。
厳密にいえば、特に医療用と一般に使われているものの違いはありません。
手軽に利用するなら市販されているものでも構いません。
ただ、市販されているものはオーダーメイドではないので、その人にぴったりのものはありません。
ある程度の妥協が必要です。
ぴったりでないとどうしても不自然に見えるため、人の目線が気になったりします。
となるとよりぴったり作ってもらった医療用の方が良いと感じるようになります。
医療用はオーダーメイドが基本です。


作ってもらうときには、業者が直接病院などに来てサイズを取ってくれます。
髪の毛がある状態でもない状態でも行ってもらえます。
その時の病状によって、将来髪の毛が減るとき、増えるときに対応してくれます。
今は髪の毛があってこれから薬を使うとき、徐々に抜けていきます。
髪の毛があるのを前提に作ると、ぶかぶかになってしまいます。
逆に治療が終わると将来的には髪の毛が伸びてくるので、髪の毛がない状態でぴったりにすると将来サイズが合わなくなります。
それらのことを考慮してサイズが調節できるように作ってくれます。
最も大事なところは、つけていて違和感がないようにしてくれる所でしょう。
付けた時に付けていると感じさせないよう自然な状態になるように設計などをしてくれます。
市販品ではここまで行ってくれないでしょう。

次の記事へ

PAGE TOP