よくわかる!医療用ウィッグ購入ガイド

TOP > 医療用のウィッグについて > 医療用ウィッグはおしゃれで自然のものが多いです

医療用ウィッグはおしゃれで自然のものが多いです

今の時代、2人に1人が癌になると言われています。
女性の場合は、女性特有の乳がんや子宮がんなどがあり早期発見で、手術をして完治の場合はいいですが、そうでなければ抗がん剤を使う治療が多いです。
女性特有の癌の場合は、使う抗がん剤にもよりますが、髪の毛が抜けていくことが多いです。
女性の場合髪の長いので、男性よりも髪が抜けることも目立ちますし、癌になっただけでもショックなところに髪が抜けるということは、すごく悲しいものです。
でも、看護師さんから今は、ウィッグ医療用のがあると聞きカタログや実際に、売店で専門の方が見本を何点かあって説明してくれました。
見た感じもつけた感じもすごく、自然な感じで知らない人が見たらウィッグとわからないくらいなもので、これを見たら元気がでてきました。


医療用のウィッグは、ファッションウイッグと違い髪が伸びてくるまで毎日つけなくてはならないので、自然な感じで自分の毛のようなものが求められてきます。
人毛・人毛ミックス・繊維ファイバーなど材質も色々あり自分の好みのものを選ぶことができます。
また、髪の長さもショートやミディアムやロングと色々と長さのバリエーションがあって、自分の好みにカットをしてっもらうこともできます。
病気になり気持ちも暗くなりがちですが、おしゃれを楽しむことによって気分も明るくなります。
最近の医療用のウィッグは、価格もお手頃価格の物たくさんあるので何パターンかを購入して気分を変えることもできます。
抗がん剤治療の場合、抗がん剤を始めたばかりの時や治療中や終わってからと状況が違ってくるので、それに合わせたウィッグもあるので使い分けたいものです。


専門の方に、相談するのも大切になります。
初めて医療用のウィッグをつけることになり心配なことも多いはずです。
そんな時は、専門の方に相談するのが1番です。
自分の今の治療の状況や頭のサイズやどのウィッグがおすすめなのか自分の希望を伝えて最適なものを選ぶのが大切です。
医療ウィッグは、毎日使うものなのでシャンプーやお手入れの仕方なども詳しく聞きたいところです。
せっかく、購入したのはいいですが手入れがわからずボロボロになってしまって使えなくなっては困ります。
また、実際にウィッグを試してみることも大切です。
見た目とつけた感じはまた、違ってくるので体験して実感することが大切になってきます。
また、ウィッグをつけている方の意見を聞くと今後の参考になるので耳を傾けてみるのも良いおおもわれます。

次の記事へ

PAGE TOP