よくわかる!医療用ウィッグ購入ガイド

TOP > 医療用のウィッグについて > 医療用ウィッグは購入とレンタルのどちらがいいのか

医療用ウィッグは購入とレンタルのどちらがいいのか

医療用ウィッグとは、抗がん剤による治療により脱毛症になっている場合など、さまざまな原因によって薄毛になってしまった場合に使用されるウィッグのことを指します。
一般のウィッグがオシャレを目的に使用されるのに対して、医療用ウィッグは薄毛を隠すことを目的に使用されるものということが言えるでしょう。
ですので、医療用ウィッグは髪が抜けて頭皮が敏感になっていることを想定しているため、通気性や肌にやさしい素材などにこだわった作りになっているという特徴があります。
しかし医療用ウィッグは品質が高く、こだわった作りになっているため値段が高くなってしまう場合が多いと言えます。
ですので医療用ウィッグにはレンタルサービスもありますが、購入とレンタルのどちらがいいか悩んでしまう人も多いでしょう。


医療用ウィッグを購入するメリットとしては、長期的な使用をする場合にお得だということがまず挙げられます。
ですので抗がん剤治療の期間が長引きそうな場合であれば、購入したほうがメリットが大きいということが言えるでしょう。
そして購入する場合だと、髪をカットしたりヘアスタイルを整えるのなどの注文ができるため、自分の希望に合ったものを手に入れやすいというメリットもあると言えます。
一方で、購入するデメリットとしては、完全なオーダーメイドの場合だと高額な費用が必要になるということが挙げられます。
もちろん金額に見合うだけの品質の高さがあるため損になるわけではありませんが、オーダーメイドの場合だと数十万円程度の費用が掛かる場合があります。
ただし既製品の場合は、比較的安く購入できると言えるでしょう。
また、メンテナンスなどのアフターケアサービスが有料になる場合もあるため、事前に確認が必要です。


医療用ウィッグをレンタルするメリットとしては、使用する期間が短い場合にお得になるということがまず挙げられます。
レンタルの場合は、初期費用と使用日数に応じた費用を支払うという仕組みになっているのが一般的です。
短期間の使用であれば、その期間分の費用と初期費用を支払えばいいため購入するよりお得になるということです。
それに、しばらく使ってみて自分に合わないと感じたら、すぐに使用をやめることができるというメリットもあると言えるでしょう。
一方でレンタルするデメリットとしては、使用する期間が長くなってしまうと購入する場合より費用が高くなってしまうケースもあるということが挙げられます。
そしてレンタルの場合は、既製品を使用することになるため、オーダーメイドのものと比べると見劣りするということもデメリットだと言えるでしょう。

次の記事へ

PAGE TOP