よくわかる!医療用ウィッグ購入ガイド

TOP > 医療用のウィッグについて > 身に付けて違和感がない医療用のウィッグ

身に付けて違和感がない医療用のウィッグ

その生涯においては、二人に一人ががんになると言われています。
もちろん危険な病気であることは確かですが、日本の医療は日々進化を遂げています。
手術、抗がん剤、放射線が基本的な三本の柱ですし、医療現場は懸命に力を尽くしてくれています。
その一方で、避けられないのが抗がん剤の副作用ではないでしょうか。
正常な細胞を攻撃してしまうので、様々な副作用が起きることがあります。
貧血、嘔吐下痢、食欲不振、脱毛が主な副作用になります。
とりわけ精神的なショックが大きいのが、脱毛ではないでしょうか。
強い抗がん剤を使用すると、一気に抜けてしまうことがあります。
外出をするのが億劫になりますし、精神的に参ってしまう患者も多いと聞きます。
そんな患者の救世主となるのが、医療用のウィッグではないでしょうか。


頭部全体を覆うウィッグもありますし、部分的に隠してくれるウィッグもあります。
昔と比べると格段に性能が良くなっているので、付けていても周囲にバレてしまうことがありません。
インターネット通販で簡単に手に入れることが出来ますし、種類が豊富に揃っているのも魅力です。
病院によっては医療用のウィッグを貸し出しているケースもありますし、相談をしてみるのがお勧めです。
素材が良くなっていることで、汗による蒸れや不快感を覚えることがありません。
重さも最小限に抑えられているので、高齢者にとっても違和感が少ないのではないでしょうか。
がん医療に携わる現場にとっては、どうやって患者のQOLを上げるかが永遠のテーマです。
心の状態が良くなることで、治療の効果も上昇することが期待されています。


ストレス社会を反映しているのが、メンタルクリニックに通う患者の増加ではないでしょうか。
脱毛や食欲不振に悩まされるケースもありますし、外出するのを躊躇うことがあります。
負のスパイラルに陥ってしまうことで、社会復帰が遠のいてしまいます。
医療用のウィッグを身に付けることで、外出やコミュニケーションに積極的になることが出来ます。
ストレスが少なくなることで脱毛の症状も治まりますし、徐々に普通の生活に戻れるのではないでしょうか。
AGAに関する治療が進化を遂げていますが、同じように医療用のウィッグも格段に進歩を遂げています。
前向きに治療に打ち込めるきっかけになりますし、免疫力の向上に大きな成果となるのではないでしょうか。
女性用のおしゃれなウィッグもありますし、癒されるはずです。

次の記事へ

PAGE TOP